自動車重量税、別名重量税という税金は国産メーカーの車あるいは外国の車等車の生産国やハイブリッドカー、クーペなど自動車の形状も全て同じでたとえばダイハツやフォルクスワーゲン、等にも当たり前に納付しなくてはならないものなんです。新車登録をする場合あるいは車検の際に支払う必要があるものなのです。額は対象となる車の重さで決められています。「自動車重量税」と「自動車税」を比べるとまったく異なる概念ですのできちんと学んで間違えないようにしてください。「自動車重量税は車の重さによって」「自動車税とはクルマの総排気量毎に」その金額が異なります。それにより買い取り時の扱いも変わりますし、注意しなければなりません。車の売却のときには支払い済みの税金がどれだけ残っていた場合でもその金額が返還されることはないのですが、一方で、自動車税の時は、支払った税金を買取額に乗せてくれる事例がなくはないですが、重量税の場合は上乗せしてくれるという場合は全然ないでしょう。重量税の場合はいくら既に支払った額があると言っても車の買い取り店でその事実が配慮される場合はほとんどないです。ですのでその次の支払い要は車検に出すまで待ってから手放すというのが一番良いです。引き取りの時は考慮してもらえない重量税でも、例外的な事例では返ってくる可能性があります。これに当てはまるのは、車検が残っている車を廃車処理する場合。廃車登録をすると、残っている期間に従って税金が還付されます。ですが、売却の場合はその車が廃車されるのとは違うので還付されません。さらに、売却する自動車の名義変更をしてしまった時や、盗難被害に遭った際も還付してもらうことは不可能です。自動車重量税が残っている期間があるクルマを売るということは要は車検の効力が残っている中古車です。それを店側も計算に入れますから自動車重量税の期間が残っていればある程度買取金額は上がるはずです。もちろん、査定額は業者次第で異なりますが車検の効力がまだあることが忖度されれば所有車の査定額と比べるとそんなに払い損ということもありません。